おすそ分けの連鎖

友人や知り合いなどからたくさん野菜をもらうときがありますが、そんな時は自分の家だけで食べず近所や友人におすそ分けをしてます。主婦でも借りられる消費者金融ナビ.com



たくさんいただくことが多いですし、ダンボール箱にいっぱいの野菜や果物を家族だけで食べれないので、いただき物が新鮮なうちに日ごろお世話になっている人たちにどんどん分けています。



そうすると同じくらいの美味しいものが返ってくるから不思議です。日本人はそういうところがきちっとしています。お金が必要ないところが良いと思います。

豚肉を買うときは

豚肉が好きで、スーパーでよく買っているのですが、私が買うのはほとんどがコマ切れ肉です。たまにはロース肉とかヒレ肉なんていうのも買いたい衝動にかられますけど、そこはぐっと我慢して、一番安いコマ切れ肉を買ってます。



確かに脂身も多いし、形も不揃いだけれども、野菜炒め、焼きそばなんかを作る時にはそれで十分です。



そうしてコツコツをコマ切れを買って節約して、お金がたまったら月に一回程度はトンカツ屋でトンカツを食べてます。節約後のトンカツ、とても美味しいですよ。
私には少しだけ借金がある。

職場の同僚にやむなく借りたものだがこれの返済期日が迫っているのでかなり焦ってしまう。



『お金の貸し借りは信用の貸し借り』なんて言葉があるように、きちんと返済しなければ私は職場で肩身の狭い思いをする羽目になってしまうだろう。



まあ、自業自得なんだろうけどね。



安易な気持ちで謝金をした時ほど危険な事はないんだ、しばらくは切り詰めた生活を送らないといけないがこれももう仕方ない。



ああ、お腹減ったなあ。

タクシーで幼稚園まで

我が家の長男の通う幼稚園は、家からは車で15分ほどです。

私が、家から子供乗せ自転車で2人の子供を乗せて走ると早くても30分かかります。

近所には、二つの幼稚園があり、同じマンションの人はほぼその二つの幼稚園を選んで通わせています。

私も、近い方が良いなと思ってはいましたが、どうも雰囲気が合わないという気がして、見学に最後に行った幼稚園を選びました。

お勉強もなく、難しいこともさせず、楽しい幼稚園です。

先生も、通わせている他のママさんも感じが良くて気に入っています。

一つだけ残念なのは、遠いことです。

せめて、バス停や駅から近ければ良かったのですが、バス停からも駅からも、歩いて10分はかかります。

子供の足では、さらに遅くなるわけです。

入園前は、普段は園のバスが送り迎えしてくれるし、たまになら私が自転車で頑張る、と決めていました。

しかし、最近では子供も大きくなり、重くてたまりません。

もう、長男は補助輪なしで自分の自転車を漕ぐことができるのです。

でも、さすがに、30分かけて私と下の子の自転車についてきて、とは言えないのです。

我が家の車は、主人がいるときならお願いできます。

いなくて車があっても、ペーパードライバーな私には運転できません。

そうなると、最終手段としてはタクシーです。

今まで、3回タクシーで幼稚園まで行きました。

一度は、長男が幼稚園で熱を出して大急ぎでのお迎えで、往復し三千円かかりました。

かなりの出費です。

また、幼稚園行事の日は園のバスは走らないので、親送迎となるため、主人の休みと合わないと、諦めてタクシーを呼んでしまいました。

タクシーで行くのが一番、私と子供だけなら楽でいいのですが、毎回それではさすがに家計に響きます。

たまに、幼稚園の仲の良いママさんが近所でもないのに、お迎えに来てくれたりするのですが、頭が上がりません。

申し訳ないけど、声をかけてもらえた時は甘えています。

タクシー代、浮きます!ありがとうとは、言えませんが、本当に助けられています。

人付き合いは、お金も多少かかるけれど、助け合い大切にしないと、と心から思います。

マクドナルド期間限定クーポン

マクドナルドが夏の期間限定クーポンとして広告にバリューセットの割引クーポンなど一覧が挟んでました。



それを有効活用するのが私です。さっそく何枚か使いました、Mサイズのベリースムージーが100円ですが、スムージー独特の酸味と甘味とベリーの珍しい味わいがSのショートサイズ以上に長い時間楽しめ幸せでした。



次に夏の限定メニューである青リンゴドリンクのMサイズは炭酸と青リンゴとMサイズのボリュームで途中から苦しくなるほどのボリュームでした。大満足です。感謝感謝です。

心の中でつぶやくこと

お金の使い方が悪い人を見つけると、心の中で「もう少し何とかならないものか...」と思うのですが、こういうことは絶対に口に出せません。それはお金の使い方というのは基本的に自由だからです。



自分が働いて稼ぎだしたお金をどう使っても基本的には自由です。他人のお金を横取りして使っているのではないなら自由なはずだから、わたしは何も言わないのです。



でも、言いたいときはあります。そんな時は心の中で独り言のようにつぶやくのです。

派遣での仕事

私の友達が、派遣社員として仕事を始めました。

派遣という事で、お給料もよさそうですし、派遣社員として勤務して、その後は直接雇用として仕事をして行けるという事で、うらやましいなと思っていました。

しかし、話をよく聞いていると、その職場には男性しか居ないようです。

女性の友達なので、その職場に馴染めるかととても心配していました。

お給料が良くても、職場の環境に不安があると大変だなと思います。

お給料を取るか、働きやすい職場を取るか、なかなか難しいなと思いました。

ローンの繰り上げ返済

うちの主人が、そろそろうちのマンションのローンの繰り上げ返済を考えたほうがいいかな、と持ちかけられた。とは言っても、世間話のようなものである。結局、私はあまり主人の言うことに反対などしないから

決定権は主人にあるのが普通なのだ。

とはいえ、一応、一般論として、

繰り上げ返済を頑張って今の家計を苦しくしたら意味ないしね、と言ってはみた。主人は、もちろん貯金はあまり崩したくないし、万が一病気などのときのためにある程度とっておかないとな、と言っていた。

実をいうと、私は専業主婦にも関わらず家計を管理していない。主人が管理している。彼は、毎月、食事や日用品の買い出しをする分の金額だけは渡してくれている。その中でやりくりはするが、貯金の総額すら知らない。何となく聞きにくいから放置しているが、よくお酒好きな主人はワインを自分で買ってくるし、音楽も好きでよく買っている。

外食やお茶も好きでよくしている方なので、余裕はあるらしい。

私にもパートに出なくていいよ、と言われている。お金を借りたい人のための【キャシーさんのキャッシング講座】

不安にもなり、へそくりもしたいのだが、何せ毎月渡されるお金には、遊びがない。自分の靴が穴があいても、主人に相談して買ってもらうしかできないくらいのものだ。あまり買ってもらうのにわざわざ相談したくなくて、気づかれるまで我慢することが多い私。

子供が寝たあと、お小遣い稼ぎのポイントサイトで毎日の子供のおやつ代くらいは得ているが、余裕を持てないことが辛い。

なのに、言えない私も悪いが、ローンの繰り上げ返済をしたいなんて、

これ以上きついのは困る。長い目で見れば、繰り上げ返済した方が節約になるとしても、心の余裕を持っておくことが日常には大切だと思う。

手元のお金が減り、子供のレジャーのときに出し惜しみして楽しめない方がつまらない人生になるというのは、家計を預かることのない主婦の馬鹿な考えなのだろうか。

家の内情を、誰かに話すわけにもいかず、相談することも出来ないでいる自分。子供が成長してパートに出られるようになるまでは、まず辛抱するとは思う。それまで、ローンの繰り上げ返済をなんとか忘れさせなくては、と密かに思っている。

消費者金融の審査に関することで

消費者金融の審査についてですが、最初に行われることは、その申込をしてきた人が、初めての申し込み

なのか、以前にも申し込みを受けたことがあるか、そして以前に利用していたことがあるか。

このことから、調べられます。

消費者金融会社は過去の利用者の取引履歴を最低10年間は、保存する義務があります。

この取引履歴が大きなポイントとなるのです。初めて融資する人は、貸し付け後にきちんと返済してくれ

るかどうかなど、誰にも分かりません。しかし、以前利用していた人ならば、その当時の取引記録を見る

ことで、ある程度予想を立てることも可能なのです。

このように、消費者金融の最初の審査は、過去の利用履歴のチェックから始まるのです。

過去の利用の有無を審査した後は、信用情報の審査となります。

貸金業法が改正となり、消費者金融は必ず融資の審査時に、指定信用情報機関を照会しなければなりませ

ん。

信用情報には、氏名、生年月日、住所、自宅電話番号や勤務先、勤務先電話番号、そして今現在の借り入れ件数、借入金額、契約年月日、最終返済日、入会履歴など、かなり細かい情報が記載されています。

消費者金融の審査では、信用情報の審査で約8割程度結果が出るといっても良いでしょう。

それほど信用情報には、いろいろな情報が記載されているのです。

信用情報の審査では、まず申告年収に対する負債の額が、年収の三分の一未満かを見ることになります。

それは、2010年より総量規制が導入されたことで、消費者金融は顧客の年収の三分の一までしか、

貸し付けが出来なくなったからです。

この時点で年収の三分の一を超えている場合は、審査に通過することは難しくなります。

様々な場面で役立つカードローン

なぜか同じ時期に急に色々なお誘いが重なってしまい、あっという間に金欠になってしまう事があったりしますが、だからといって断れない誘いも多いですし、会社での人付き合いにも問題がでてしまいますからなるべく参加したいですよね。だからこそ、カードローンが役に立つんです。

もちろん会社以外にも、金欠の時に限って奥さんの誕生日が近いとか、結婚記念日が近いという事もあり、そんな時にお金がないからという理由でプレゼントなしだったりしたら夫婦関係にもヒビが入ってしまうので、そんな時のためにもカードローンを用意しておけば安心です。1万円だけ足りない、という時でも気軽に使えるので本当に便利だと思います。

また、普段色々な支払いで口座引き落としがある方が多いと思いますが、色々な事情で残高不足になってしまう事もあります。そんな時もカードローンがあれば簡単に口座に融資してもらえるので大助かりです。わざわざ銀行に出向いて口座に預入する手間もうくので、忙しい方にもぴったりです。

カードローンはとにかくあらゆる目的に使う事ができますから、この他様々なシーンでお金が必要になる度に便利に使うことが可能です。とにかくこの柔軟性が一番の魅力で、給料日前の食材のお買い物にも、子供の塾の支払いにも、結婚式の費用にも、何にでも使えてしまうのです。

そして、現金が必要というその時、最寄りにコンビニからすぐにお金を引き出せるというのも大助かりなので、最寄りのコンビニで使えるカードローンを選ぶのは特に大切だと思います。
ですが、最も大事なのは、信頼できる誠実な会社のカードローンを選ぶことです。間違っても危ない会社を選ばないように、よく知られている銀行カードローンなどを選べば安心できます。

また、有名な消費者金融でも安心感はありますから、消費者金融のカードローンでも大丈夫です。消費者金融が向いている方というのもあって、それはパート主婦の方や、アルバイトしている二十歳以上の学生さんです。銀行カードローンでも申し込み可としているところがありますが、どちらかというと消費者金融の方が審査に通りやすいというのがあるようです。

とはいえ、銀行カードローンでも、そこの銀行口座をお持ちの場合は契約に有利になる事もあるので、口座を持っている銀行のカードローンを選ぶのもオススメです。いつも利用している銀行ならば顔なじみの銀行員さんもいて、色々相談もしやすくていいかもしれません。